【ぐりーてぃんぐ】のコミュニケーション型療育とは

白ゆりグループ

じっと座っていられない、飽きっぽくてすぐに移動してしまうなど多動傾向のあるお子様に対し、ぐりーてぃんぐが提供する特別な支援についてお伝えします。児童デイサービスぐりーてぃんぐでは、そのようなお子様に焦点を当て、コミュニケーション型療育を通じて集団の中で生きる力を育んでいます。

### **1. コミュニケーション型療育の魅力**

子どもたちにとって、じっと座っていることは難しい課題です。ぐりーてぃんぐでは、その特性に合わせたコミュニケーション型療育を提供しています。これにより、以下のような良い影響が期待できます。

#### **自己表現の促進**
多動傾向のある子どもたちが、自分の思いや感情を言葉で表現することは一層難しい場合があります。しかし、コミュニケーション型療育では、あいさつを大切にしていたり、困ったことがあったら発信できるように練習したりと、子どもたちがより自由に自己表現できる環境が整っています。

#### **集中力の向上**
座っているだけでなく、身体を使いながら学ぶことで、多動傾向の子どもたちの集中力が向上します。運動を伴った学習は、エネルギーをポジティブに利用し、より効果的な学びの場を提供しています。

#### **協力と共感の育成**
子どもたちは、他者との協力や共感が苦手なことがあります。ぐりーてぃんぐでは、グループアクティビティを通じてお互いに支え合い、コミュニケーションスキルを向上させる取り組みが行われています。

### **2. 自己紹介の支援がもたらす成長**

児童デイサービスぐりーてぃんぐでは、お子様たちが自分を周りのお友達に紹介する瞬間を大切にしています。この自己紹介の支援がもたらす成長について、以下にご紹介します。

#### **自信の醸成**
自己紹介の機会を通じて、お子様たちは自分の特長や得意なことを発見し、それを他のお友達やスタッフと共有します。これにより、自己肯定感が育まれ、自信を持つことができます。

#### **コミュニケーションスキルの向上**
自己紹介はコミュニケーションの一環です。お子様たちは他者とのコミュニケーションを通じて、自分の意見を表現し、他者の意見に耳を傾けるスキルを身につけます。

#### **友情の芽生え**
お互いに自分のことを知ることで、お子様たちは共通の興味や趣味を見つけ、友情が芽生えます。ぐりーてぃんぐでは、仲間同士が支え合いながら楽しく過ごすことができる環境が整っています。

### **3. 言語療法士の存在がもたらす安心感**

ぐりーてぃんぐでは、言語療法士が在籍しており、お子様たちの言語発達をサポートしています。この専門家の存在がもたらす安心感について、ご紹介します。

#### **個別の言語支援**
言語療法士はお子様一人ひとりの発達段階やニーズに合わせて、個別の言語支援を提供します。言語の発達に課題を抱えるお子様も、適切なサポートを受けながら成長することができます。

#### **保護者への情報提供**
言語療法士は保護者とも密接なコミュニケーションをとり、お子様の進捗やサポート方法について情報を提供します。これにより、保護者も安心してお子様をサポートすることができます。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました