白ゆりグループの取り組み

農福連携の活動報告:白ゆりグループが支援する障がい者の社会参画と自己実現

白ゆりグループ

こんにちは。

農業部です。

白ゆりグループでは社会参画の一環として農福連携に取り組んでおります。

農業生産と福祉サービスを結び付ける取り組みにより、障がい者のある方など支援を必要とする人々が農業に携わることで、自己実現や社会参加を促します。

先日農福連携の活動として、運動・入浴型生活介護ぽぷらの樹東住吉の利用者さんが白ゆり畑でほうれん草の収穫を行っています。

当日は晴天に恵まれ、風が心地よい中、畑での作業がスタート。

畝の踏まないように白ゆり畑を歩きながら、ほうれん草を収穫していきました。

普段あまり経験できない土に触れることができたことで、楽しそうに収穫されています。

自社の畑での収穫作業に参加することで、地域貢献について学び、自然とのふれあいや、農業の大切さを実感することができました。

我々も農福連携の重要性を改めて実感し、今後も自社の畑での収穫作業や、地域に貢献することができる企業として社会に貢献していきたいと考えています。

白ゆりグループは農福連携活動を通じて、地域貢献と社会参画の実践を行っています。

今後も自社の畑での収穫作業や、地域に貢献することができる活動を展開し、社会に貢献していくことを目指します。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました