【ぐりーてぃんぐ】「家では子どもをお風呂に入れられない!」にお応えする入浴支援

白ゆりグループ

「子どもがお風呂に入りたがらない」

「下の子がまだ小さくて、上の子の入浴に手がかけられない」

「事情であって家のお風呂が使えない」

お子様のお風呂に関する悩みがあるご家庭に向けて、ぐりーてぃんぐの入浴支援のご紹介です!

 

児童デイサービスぐりーてぃんぐでは、お子様一人ひとりのニーズに焦点を当て、その中でも入浴支援に特に力を入れています。お風呂の設備は、児童にとってだけでなく、保護者様にとっても安心と快適さを提供する大切な場となっています。

着替えとお風呂セットをご準備いただければ、ぐりーてぃんぐで入浴支援の受け入れができます。来所後、お子様と一緒に準備をして着衣状態の同性スタッフと共に入浴をおこなっています。

1. **入浴支援専用のお風呂**

ぐりーてぃんぐには、入浴支援を必要とするお子様に対応するために、専用のお風呂があります。お子様が自分での移動やケアがしやすい環境が整っています。また、服を脱ぐ、タオルを準備する、自分で身体を洗ったり髪を洗ったりする練習などを通し、自立支援もあわせておこなうこともできます。

2. **プロのスタッフによるサポート**

お風呂での入浴は、入念なサポートが必要な場面の一つです。経験豊富なプロのスタッフがお子様に寄り添い、個々のニーズに合わせた入浴サポートを提供します。

 3. **感覚刺激を取り入れた入浴体験**

特に感覚刺激を求めるお子様にとって、入浴は重要な活動となります。お家だけで毎日の入浴が難しい場合は是非ご利用ください。毎日のルーティンとして入浴支援で感覚刺激を得ることができます。これにより、お子様はリラックスしながら感覚を刺激し、心地よい入浴を楽しむことができます。

 4. **コミュニケーションの場としての入浴**

入浴は、スタッフとのコミュニケーションの場としても機能しています。入浴を面倒だと感じるお子様が多いのも事実です。そこで、入浴時に楽しいコミュニケーションをしたり、楽しくお湯に触れる体験をすることで、入浴に対する前向きな気持ちを育てています。例えば、思春期のお子様とは、髪がきれいになるようなシャンプーを一緒に工夫して楽しく入浴しています。

6. **入浴の習慣形成のサポート**

入浴は健康的な習慣の一環でもあります。ぐりーてぃんぐでは、お子様が入浴をポジティブな経験と捉え、習慣化するサポートを行っています。これにより、お子様は自分での入浴に自信を持ち、清潔感を保つことで日常生活においても安定感を得られます。

まとめ:

入浴支援は、お子様と保護者にとって重要な役割を果たしています。プロのスタッフによるサポート、感覚刺激の取り入れ、コミュニケーションの場としての利用など、お風呂の設備は総合的なサポートを提供し、お子様の安心と快適さを促進しています。保護者様との連携を通じて、家庭でも同様のサポートが行えるよう努めています。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました