【ぐりーてぃんぐ】遊びがつむぐコミュニケーション−不登校のお悩みについて−

白ゆりグループ

小学校から始まる長い学校生活、中には学校で居場所が見つからず、悩んでしまうお子様もおられます。成長の過程で、学校に行きたくない時期は誰にでもあるものです。そんな中で、学校を休んでいる期間が1ヶ月、2ヶ月と長くなってくると、学校に足が向きにくくなることもあります。

学校にどうしても足が向かなくても、もし児童デイサービスなどで新しい居場所が見つかれば、不登校の悩み自体なくなりそうですよね!児童デイサービスぐりーてぃんぐが提供している遊びでは、デイのお友達ともすぐに仲良くなることができます。友達と一緒に楽しめるゲーム遊び、身体を動かす遊び、工作、ボードゲームなどは、お子様の成長と絆を築く上で重要な役割を果たします。

1.友達との絆を築くゲーム遊び

ぐりーてぃんぐでは、お子様が友達と協力して楽しめるゲーム遊びを用意しています。例えば、チームで協力して目標を達成するゲームは、お子様に仲間と協力する楽しさを教えます。これらのゲームは新しい友情を築く手助けとなります。

2. 身体を動かす遊びで健康促進

不登校が長期化している場合、日々の活動不足が課題となることがあります。ぐりーてぃんぐのでは、身体を動かす遊びやスポーツアクティビティが取り入れられています。これにより、お子様は健康的に運動し、同時に仲間との交流を楽しむことができます。

3. 手作り工作で創造性を発揮

学校での図工にあたる工作活動は、自分の創造性を発揮し、成果物を手に入れることができる素晴らしい手段です。ぐりーてぃんぐでは、様々な手作り工作が行われており、お子様は自分のアイディアを形にし、同時に仲間たちとの交流を深めます。

4. ボードゲームで思考力を鍛える

UNOやトランプをはじめとしたボードゲームは、お子様が集中して遊びながら思考力を鍛えるのに最適な手段です。ぐりーてぃんぐで提供されるボードゲームは、お子様にとって楽しさだけでなく、集中力や計画力を向上させる役割も果たします。友達と共に楽しむ中で、お子様は新たな興味を見つけることができます。

5. 個別サポートと集団活動の組み合わせ

ぐりーてぃんぐでは、お子様の個別ニーズに合わせたサポートが提供されます。不登校が気になるお子様の場合、個別のケアが重要ですが、同時に友達と共に楽しめる集団活動も大切です。バランス良くこれらを組み合わせることで、お子様は自分のペースで成長し、友情を育むことができます。

まとめ:

ぐりーてぃんぐが提供するゲーム遊び、身体を動かす遊び、工作、ボードゲームなどの活動は、不登校に悩むご家庭にとって有益な手段になり得ます。友達との絆を築き、身体と心を健康に保ちながら、楽しみながら学ぶことができます。ぐりーてぃんぐの提供する豊かなプログラムを通じて、お子様の成長をサポートしましょう!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました