子どもの言葉を育てる「ぐりーてぃんぐ」の取り組み

白ゆりグループ

子どもの言葉の成長は、その後のコミュニケーション能力や学習において重要な要素です。しかし、言葉の発達に課題を抱える子どもたちもいます。そんな子どもたちの言葉の成長をサポートするために、コミュニケーション育成型児童デイサービスぐりーてぃんぐでは様々な支援を行っています。ここでは、その支援について詳しく見ていきましょう。

子どもの言葉の成長を促す取り組み

子どもの言葉の成長を促すために、ぐりーてぃんぐでは以下のような支援を行っています。

1. 言語刺激の提供

ぐりーてぃんぐでは、言葉を刺激する環境を提供しています。楽しい歌や絵本の読み聞かせ、言葉遊びなどを通じて、子どもたちの言葉への興味を引き出し、自発的な発語を促しています。また、毎日のルーティン活動として自己紹介を取り入れており、練習を重ねることで名乗りができるようになったり、自分の好きなことや得意なことを伝えることができるようになっていきます。もっと成長すれば、その司会をしたい!と思うようになってくれるお子様も現れ、自分達だけルーティン活動が完結できるほどの実力が付きます。

2. 言語モデルの提供

ぐりーてぃんぐを含む白ゆりグループには言語療法士が在籍しており、言語の専門家が子どもたちに適切な言葉の使い方やコミュニケーション方法を示します。また、スタッフや他の子どもたちとのコミュニケーションを通じて、言葉のモデルを提供し、子どもたちが言葉を学ぶ手助けをしています。ひとりひとりに最適な言語の促しができるよう、ご希望のご家庭に向けて定期観察と支援を行なっています。

3. 言語理解を促す活動

言葉の理解力が発語の基盤となります。そのため、ぐりーてぃんぐでは、子どもたちが言葉の意味を理解するための活動も行っています。物の名前や色、形、動作などの言葉を学び、それを実際の状況で使う練習を通じて、言語理解力を促進しています。そのほか、したいこと、ほしいもの、困りごとなどを発信するための絵カードの準備もしております。

4. 個別の言語支援

子どもたちの言語発達の段階や個々のニーズに応じて、個別の言語支援を提供しています。言語療法士や保育士が、子どもたち一人ひとりの特性や発達段階に合わせたアプローチを行い、適切な支援を提供しています。

まとめ

ぐりーてぃんぐが提供する子どもの言葉の成長支援は、言語療法士や専門スタッフのサポートのもと行われています。言語刺激の提供、言語モデルの提供、言語理解を促す活動、個別の言語支援など、様々なアプローチが行われています。ぐりーてぃんぐが提供する言語支援によって、子どもたちの言葉の成長を支援し、コミュニケーション能力の向上に貢献することができます。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました